DHAとEPAの関係とは

DHAサプリメントに「EPA」が含まれる訳

「n-3系脂肪酸」は、サプリメントとして大人気の健康食品なのです。もちろん、DHAとEPAが十分に含まれています。いずれも食べ物の中ではサバやサンマなど青魚の中に多く含まれています。この2つは1つのサプリメントに両方とも含まれることが多いですが、それはなぜなのでしょうか。
この両方の健康成分は、血液の健康に大きく働き、血液をサラサラにする効果がありますが、相違点も存在します。まずEPAの方がDHAよりも血液系に作用しやすいのです。一方、DHAはそれ以外にも脳内に移行し、認知症の進行抑制、学習能力の向上といった影響もあります。よって双方を組み合わせることによってn-3系脂肪酸の効果を最大限に得ることができるのです。

EPAの効果はこんな感じだね

人気ナンバーワンの健康成分と言われるほどの実力を持つ「EPA」についてお勧めしたいと思います。
EPAって何だろう。って方は多いと思います。そんな方のために参考になればいいかな。
EPAには、体内の血液を健康な状態にする働きがあって、DHAと同様に青魚にたっぷりと含まれる成分なんです。ですから、積極的に青魚(イワシ、サンマ、サバなど)はしっかりと食べたほうがよいでしょう。魚を食べないって方は、サプリメントをおすすめしますね。最近の日本人は魚を食べる習慣が減っているとのことなので、EPAが入るサプリメントは手軽でいいと思いますよ。
その他の効果としては、アレルギーの症状や炎症などにも健康効果がありまして、内面などの精神的なものも安定させる効果もあるそうです。視力の健康にも良いそうですよ。

DHAとEPAは健康に必要な有効成分

魚を食べる習慣

DHAとEPAという成分は、同じチームと言っていいほどの近い存在、仲間と言えます。
似たような健康効果があり、生活習慣病の予防や改善をしてくれます。それぞれの特徴を強いて言えば、DHAは血液を柔らかくする働きがあり、脳の健康に役立つ成分で、EPAは中性脂肪を減らす効果がありますが、脳の健康には活躍はしないものです。
それぞれの効果に注目すると、このDHAとEPAというものは私達の健康になくてはならない必要不可欠な栄養素ということはわかっているのです。私が幼い頃、魚を食べる子は「元気で健康に大きく育つ」なんてことを毎日、親から言われていて、自然と魚を食べる習慣はついていることは、親に感謝していますね。丈夫に育ちましたよ。