DHA EPAサプリは予防や改善効果が高い

DHA・EPAサプリは「うつ病」改善するのか

魚を食べてうつ病改善へ

「うつ病」とは、いつ自分に襲ってくるか分からない病気ですよね。精神的な病なので理解されることは少ないのが現状でもあります。
魚をあまり食べない国と比べて発症率がかなり低いとされています。魚を多く食べる国ほど、うつ病の人が少ないというデータが報告されており、このことは、魚の中に入るDHAとEPAが大きく関わっているとされています。そして「うつ」の症状にもDHA・EPAの割合が関係しているとされており、数値の高い人の方が症状は軽くなるということです。また、魚を食べる人は自殺率も低いことが分かっていますし、うつ病を改善するために積極的に魚を食べたり、サプリを利用すると良いでしょう。

動脈硬化を防ぐサプリといえば、DHAやEPA

沈黙の殺人者と呼ばれる動脈硬化は、日本人の主な死因である心臓病や脳卒中に関わっています。
防ぐためには、普段の生活から見なおさなければいけません。
ただ、食生活を変えるだけでは不安であれば、サプリを飲んでみることです。
これらの病を防ぐには、DHAとEPAが配合されたサプリを飲めばいい、と言われていますが、DHAやEPAには、確かに血流を改善して、動脈硬化を防ぐ働きがあります。
青魚に多く含まれるのであれば、魚そのものを食べることも良いのですが、そうなると毎日大量に魚を食べる必要が出てきます。
いくら魚が健康によいとはいえ、毎日魚料理では飽きるし、小食の人には厳しいです。
しかも加熱をすると、摂取量は減ってしまうので、焼き魚やフライでは効果が減ってしまいます。
やはりDHAやEPAをサプリで飲むのが一番です。

うつ病なら、EPAとDHA

EPAやDHAは、うつ病の重症度にある程度は影響を与えると言われています。その理由としては、まずはこれらを摂取することで、脳の血流が良くなるためです。脳の血流がスムーズになれば、それだけ脳細胞も活性化され、それによりうつの症状の軽減されることが期待できると言う具合なのです。またDHAは、脳細胞の膜にも存在している成分です。ですからこれを摂ることで、やはり脳細胞が活性化され、脳の神経伝達がスムーズに行われやすくなると言うのも、理由のひとつです。また、精神的ストレスや攻撃性を緩和させる作用があると言われています。こうしたことは、様々な実験や研究によって証明されているので、重症度に良い影響が期待できると言えます。