DHAとEPAのすすめ

45歳を過ぎて魚の缶詰に夢中

魚に含まれる脂肪成分

美容と健康については興味があります。

男性だっていつまでも若くいたいから、ここ5年くらいは夏も日焼け止めを塗っています。

健康に関しても気を使うようになりましたが、中でも注視しているのが魚に含まれている成分であるDHAとEPAです。

なかなかテレビなどで紹介されることはないのですが、調べていくと、血流や脳の健康にいいとのこと。いくら飲んでも酔わない体質なので、ついつい飲みすぎてしまします。

お酒量と血液の数値はしっかり比例するようで、飲んだ分、血糖値もろもろ血液中の数値は年々右肩上がりです。

お魚は飲みの際、刺身として結構食べるものの、濃い味大好きな私は両面醤油漬け。

これでは塩分も多く摂取してこれまた血液に負荷をかけてしまいます。

ピンポイントで成分だけしっかり摂っちゃいましょうとサプリメントが大変おすすめなのですが、月のランディングコストが気になって、まずは、魚の缶詰生活から始めています。

侮るなかれ!魚の缶詰ってかなりうまいんですよ

魚の缶詰の単価ってほぼ100円代でちょっと国産とかこだわると税込で200円を超える程度。

特売品の缶詰なんかは100円を切ってくるので、狙い目です。

私の今のお気に入りは、はごろもフーズ社の国産さば使用の「健康みそ煮」を「健康味付」のほぼ2択。水煮もあるんですが、水煮よりこっちの2つの方がおいしいですね。

これをあつあつの炊き立てご飯の上にのせて食べるのですが、あたためる方法は湯せんです。

理由は単に、NHKでやってたから。缶詰から開けてしまうとどうやら成分が逃げるんだとか。

鍋に水を入れて沸かし、缶詰のまま放り込み5分から10分程度あたためます。ごはんにのせてスプーンで身をくだいてなじませます。これが気持ちいいくらい簡単に砕けて骨まで柔らかいです。

その上に余った汁を全部かけます。この汁の中にもDHAとEPAがしっかり含まれていますので、捨てないでください。

そして最後に、かつお節をかけて出来上がりですが、これが本当においしいです。

貧乏学生の一人暮らしを連想してません?大丈夫、高級感ありますから。コスパ最高の健康飯、名付けて「DE丼(ディーイー丼)」おすすめです。

缶詰の写真を載せておきますので良かったらどうぞ。

さば缶のみそと味付

今回は、DHAとEPAの摂取方法のお話でしたが、今後も美容と健康について色々と紹介していきます。
美容力と健康力を高めよう