DHA EPA サプリメントのすすめ

DHAとEPAの効果の違いがテーマ

健康維持に有効

DHAとEPAの違いについて。
どちらも青魚に含まれるものなので、健康をサポートする働きにもいくつか共通する部分もあります。
血圧を調整する働きなど、生活習慣病の予防に大活躍する成分なのです。
違いがあるのは、DHAには脳や神経系の健康に働く効果があり、EPAには血液や血管などの健康維持に有効に働いてくれるのです。期待される効果については、DHAのほうが少し高い気がしますが、どちらも健康維持には欠かせない重要なものなので意識して摂るようにしましょう。
簡単にまとめると。
DHA
・視力回復効果
・記憶力のサポート
・認知症の予防
EPA
・血液を健康に保つ効果
・物忘れなど、認知症の予防効果
・善玉や悪玉といった、コレステロールのバランスを整える効果

DHAとEPAの効果について

魚に含まれる脂肪成分

DHAとEPAは体の健康に必要な重要成分なのです。では、実際の働きはというお話を載せたいと思います。
DHAとEPAの活躍について語ります。
まずはDHAからで、この成分には血液が関係する病気の改善に役に立つものですね。脳梗塞や糖尿病など。どれも年齢と共に気になる病気たちですよね?ですから、予防や改善のためにDHAは摂りたい健康成分なんです。
EPAは、血管が固まることを防いだり、中性脂肪を抑えたりする働きがあります。眼精疲労を回復させたりするといった健康効果を発揮する成分でもあって、美容効果も優れています。
ざっと軽く載せましたが、大まかにはこんな感じです。とにかく健康に役立つのは間違いない成分なのです。

DHAは脳の健康に良い成分

DHAとEPAといった成分は、サプリメントなどの健康食品ではセット売りされていますが、じつはその働き力はそれぞれにことなります。DHAは、魚の脂分にたっぷりと詰まっていて、人間の脳の健康をサポートする効果が高いとされています。脳が関係する代表的なものは「忘れる」といった記憶力が落ちることがありますね(頭の回転をサポートするといったところです)。あと、アレルギーの予防や改善、血液系の健康も高める働きがDHA成分にはあります。中年のお年頃になると健康診断などで、その数値を指摘されることがよくありますよね。それらのサポート力が高いのがDHAなのです。

EPAは血液の健康を助ける働きがある

アレルギーの予防と改善

先日は「DHAの働き」のことを紹介したので、今回は「EPAの働き」についてご紹介しますね。
EPAもDHAと同様にかなり高い健康効果がこの成分にはあるのです。EPAはアレルギーを持つ方に強い味方になってくれると言われ、その予防と改善効果は高いと評判です。代表的なのは、アトピーや花粉症といったもので、これらのアレルギー対策にしっかりと使えます。そして、中性脂肪を減少させる働きも高いとされていて、ダイエット効果も期待されています。この成分もDHA同様、血液の健康に役立つものなのです。

DHA成分の気を付けたい副作用について

魚を食べると摂ることができる健康成分がDHAです。何回もご紹介したので、もううんざりしている方は多いでしょうけど。
健康効果が高く、大人なら生活習慣病を防いだり、子供の場合なら、脳や神経といった重要なところをしっかりとサポートしてくれます。
ですから、この成分は大人から子供までと人間全般の健康に役立つものなのです。ですが、いくら健康に良いと言われていても摂り過ぎには注意が必要です。過剰に摂り過ぎると、副作用を起こすことになりますからね。とても危険なのです。代表的な症状としては、血圧が上がったり、気分が悪くなったり、嘔吐や下痢などといったものがあります。「摂り過ぎ注意」を忘れないでください。

注目情報

更年期障害でお悩みなら
更年期障害とは、女性ホルモンの低下が原因のひとつとされています。「エクオール」という物質は、その失った女性ホルモンと同じ働きがあると言われていて、美容と健康に高い働きがあるものなのです。
エクオールサプリメント