DHA EPA サプリメントのすすめ

DHAとEPAの効果の違いがテーマ

健康維持に有効

DHAとEPAの違いについて。
どちらも青魚に含まれるものなので、健康をサポートする働きにもいくつか共通する部分もあります。
血圧を調整する働きなど、生活習慣病の予防に大活躍する成分なのです。
違いがあるのは、DHAには脳や神経系の健康に働く効果があり、EPAには血液や血管などの健康維持に有効に働いてくれるのです。期待される効果については、DHAのほうが少し高い気がしますが、どちらも健康維持には欠かせない重要なものなので意識して摂るようにしましょう。
簡単にまとめると。
DHA
・視力回復効果
・記憶力のサポート
・認知症の予防
EPA
・血液を健康に保つ効果
・物忘れなど、認知症の予防効果
・善玉や悪玉といった、コレステロールのバランスを整える効果

DHAとEPAの健康サポート力はすごい

魚に含まれる脂肪成分

DHAやEPAって何となく聞いたことがあるけど、実際の効果や効能って知らないという方が多いと思います。私はほとんど無知といった感じで。このDHAとEPAという成分は、海にいる青魚(サンマ、イワシ、サバ)から摂れる脂肪成分で、魚はもちろんのこと人間の健康にも良い油なのです。しかも、私達の体内では生産されないので食品やサプリメントなどから体内に摂り込まなければいけないのです。その健康効果を大まかにお話しすると、血液をサラサラにしてくれる効果や脂肪を燃焼させる効果、脳の発達を助ける効果などなど。まだまだこんなもんではありませんよ。健康を助けるサポート力はたくさんあります。しばらくはこのDHAとEPAの健康力について口コミますので、何かの参考にしてください。

DHAは脳に有効的な成分

DHAとEPAの個々の健康効果についてですが、少しの違いはありますが、どちらも似たような健康サポート力だと思います。DHAと言うものは、魚の脂肪に多く含まれるものです。健康効果としては、脳に有効的だと言われていますね。記憶力の低下や、認知症の予防などに良いとか言われていますしね。また、アレルギーの予防や改善にも効果があって、アトピーや花粉症の対策に良いとか。血液全般の健康にも大活躍し流れをサポートしてくれます。血液の流れが良いと、血が全身にしっかりと回るので血管が詰まるというような病気にはなりませんよね。このDHAという成分は、血液系の数値で指摘を受けた方は絶対に摂るべきものだと思います。血液系が不健康だと、直接的に病気につながるものですから、おすすめです。
DHAのことなら、こちらがおすすめ
DHA・EPAサプリが一目でわかる おすすめランキング - DHAサプリ館

EPAは血液の健康に有効

アレルギーの予防と改善

EPAの働きについてお知らせします。
EPAは、DHAとセットのような扱いで、よく紹介されることが多いのですが、EPA単体でも健康への活躍は素晴らしいものなのです。
・炎症やアレルギーの予防と改善に効果的
EPAには、炎症やアレルギーの予防にとても効果的だと言われています。もちろん改善もです。花粉症やアトピーがある方はおすすめ。
中性脂肪を減らす効果が注目されていて、その効果は本物だと言われています。この中性脂肪が高いと、高血圧や血栓症などの原因になるのです。EPAの血液サラサラ効果が役立つ。脂肪を分解することから、ダイエット効果も期待されています。
EPAは血液の健康に役立つ成分だということなんです。

DHAとEPAで生活習慣病を予防しよう

DHAとEPAは同時に摂ることで、その健康成分パワー、効果が増すのです。もちろん、それぞれでしっかりと健康サポート力はありますが、二つを同時に摂ることでお互いが持つ成分が相乗効果を生むと言われているのです。脂肪を軽減させる効果があると言われているから「ダイエットしたい」って方は積極的に摂ったほうが良いと思いますよ。でも、私はダイエット効果よりも生活習慣病の予防になることに大注目で、この生活習慣病を対策できれば自然と痩せることだと思います。
生活習慣病とは、どれも生活習慣の乱れから起こる病気なのです。これらを予防することができると言われるDHAとEPAの健康サポート力はすごいことではないでしょうか。DHAとEPAはサプリメントで摂るほうがおすすめなんで、とりあえず、専門サイトを載せておきますね。